■Error
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
A.O.T.T mode, confirmation, credit,
This is not an error.
 
A.O.T.T mode, distortion,
free space…..
 
[#Repeat 1]
Why the time closes my way, not the other way around?
(時代が俺の道を閉ざすのならそれを敵に回しても己の道を貫いてやる)
 
[#Repeat 2]
Just like the time is moving,
時間は流れると決められているように)
 
every little word I say today
(今日俺が言う全ての言葉は)
 
is something you can never stop now.
(お前には決して止められないだろ)
  
Open your mind to see anything.
(何でも受け入れてくれよ)
 
D.B.T.T mode, distortion,
free space…..
 
[#Repeat 1]
[#Repeat 2]

■Breaking the thought
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
崇めるものの違いだけで
誰かが誰かを傷つけて
‘世界平和’と唱えるなら
no 僕は何も出来やしない
 
Who can do right? Shoot out and your life.
(誰が正しく出来るというのか?争いや人生の中で)
 
見えない何かに縋るより
 
Why do you avoid to find your way?
(なぜ自分の道を見つける事を避けるのか?)
 
命くれた母にありがとう
 
咲いた花さえ
光を選ばず
偉ぶる事なく
揺らいだ
 
[# Repeat]
Why close your blind?
(なぜブラインドを閉めるんだ?)
 
Stay bright yeah….
(明るいままで居てくれ)
 
I’ll say that few can do right.
(ほとんどの人は正しい事は出来ないという)
 
Almost in the same world.
(ほぼ同じ世界に)
 
Must be close.
(近づかないといけない)
 
Stay by your side so …
(あなたの横に居る)
 
Breaking the thought yeah…
(その思考を打ち砕く)
[# Repeat end point]
 
繰り返す果てに
光はあるのか?
 
I’ll say it LOUD.
Why you choose to be blind?
(私は言いたい、なぜ何も見えなくなることを選ぶのか?)
 
敬うものの違いだけで
誰かと誰かが離れてく
空に居る神達に願う
背を向けず笑い泣いてくれ
 
偉ぶる事なく
揺らいだ
 
[#リピートへ]
 
Light is on the road you walk.
(あなたが歩く道が光なんだ)
 
Right, be strong. It goes all wrong.
(そうだ強くなれ、全ては間違った方向へ行く)
 
Right or wrong, we know we owe.
(正しいか間違いか、俺達はそれを負っていることを知っているんだ)
 
Lie to belong or be wrong.
(環境に馴染む為に嘘をつくか、間違った人になるか)
 
[#リピートへ]
 
嘆きの涙は
乾く事もなく
 
I’ll say it LOUD.
Why you choose to be blind?
(私は言いたい、なぜ何も見えなくなることを選ぶのか?)
 
I don’t know why I tell you why I wait.
(何故俺が待つのかをあなたに伝えるのかわからない)
You can wait or shed my way.
(道を照らしてくれても、ただ待ってくれていてもいい)
There’ll be time of worship anyway we write over time.
(祈りの時は訪れ、時を超えて刻み続ける。)

■Gate Keeper
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
Why you come here walkin’ alone,
been laughing, loving the world.
(ここで1人で歩いている理由は
‘ずっと笑っていた’、この世界が好きだったんだな)
 
Watchin’ you always come through, tied to smile n all.  
(笑顔のような物に縛られたお前が、いつも困難を切り開くのを見て来たんだ)
 
Should I carry on closing down
when I come to lock the door?
(向き合う為にそこに来た時、扉を開くべきなのか?)
 
Then it shows
anytime,
(垣間見えるんだ、いつでも)
 
Time to face gate keeper.
(ゲートキーパーに向き合う時間だ)
 
And walking to nowhere to tell a tale.
(話も出来ない場所に向かって歩いて行く)
 
You owe me, can’t wait for it no more.
(お前は俺に借りがあるだろ、もう待てないんだ)
 
流れ落ちる汗のように
 
One weak soul means lost days, wrong days.
(弱い魂は失った日々、間違った日々を意味するんだ)
 
Walking a surplus of true loss.
(余りある大きな損失を背負う事になる)
 
You can try and hear sorrows of your gate.
(試してみろ。そしてお前の中の嘆きを聞け)
 
Just like how we were before,
white or black, gotta choose one one day.
(白か黒かいつか選ばなければならない、いつかの俺達のように) 
 
私に映る自分が今日も変わらず笑えてる
 
[# Repeat]
Why am I here?
And I know this place.
(何故私はここに居るの?私はこの場所を知っているわ)
 
Be here or there, wherever I go.
(どこに居ようが私が行く所はどこでも)
    
明日も晴れるなんて嘘の願いは
 
It doesn’t mean a thing inside…
(何の意味もない)
 [# Repeat end point]
 
And walking to know when to tell a tale.
(伝えるのがいつなのかを知る為に歩いているんだ)
 
You owe me, can’t wait for it no more.
(お前は俺に借りがあるだろ、もう待てない)
 
 吐き出した声、目の前掴み
 
One weak soul just lies on a long day.
(長い間、弱い魂はただそこにあるんだ)
  
Walking a surplus of true loss.
(余りある大きな損失を背負う事になる)
 
You can try and hear sorrows of your gate.
(試してみろ。そしてお前の中の嘆きを聞け)
 
Just like how we were before,
white or black, gotta choose one one day.
(白か黒かいつか選ばなければならない、いつかの俺達のように) 
 
[# Repeatへ]
 
背中に映る自分が今日も変わらず泣いている
 
Why did I have nothing to lose?
(何故俺は失う物が何もなかったんだ)
Kept this conversation going.
(会話を続けていた)
Then everyone in the crowd was lost in lies & words.
(そして人は嘘と言葉に迷った。)
 
Absurd feelings dragged me into deep inside of lies I’ve told.
(不条理な感情が私がついてきた嘘の一番深い所に引きずり込んだの)
 
oh…….
 
明日も晴れるなんて本当の願いは
 
Had it been any other days?
(今日しかないと伝えているのよ)
 
Why you come…..
 
Should I carry on closing down
when I come to lock the door?
(向き合う為にそこに来た時、扉を開くべきなのか?)
 
Then it shows
anytime,
(垣間見えるんだ、どんな時も)
 
Cry in silence, gate keeper.
(静寂に泣く、ゲートキーパー)

■The Most Beautiful Hands
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
Waving hands, I see you off.
And I know.
Waving hands, just see me off
(俺はあなたが手を振って見送ってくれる気持ちを知っている、
だからただ見送ってくれ)
 
I wanna send these words here with my voice,
and it tells you lacking some…
For the eyes of you & me & change of days.
(俺はここでこの言葉達を声で伝えたいんだ。
それは何か足りてないお前達の目、俺、そして日々の変化のために)
 
見返り求めないデカイものは
小さくなってく身体から底なしに溢れる 帰る『場所』
 
人は苛立つ事があると
何も気にしない『場所』に 
ただぶつけて悲しませて扉閉める
 
それでもその『場所』は
その扉開けるよりも
ただひたすら出て来る笑顔を願う
 
Why are you not scared?
 
[#Repeat 1]
When I was born, the hand that touched me was the first emotion I felt inside & beside my life.
We saw it like a light
(触れてくれた手は俺の中、そして俺の命のすぐ側に感じた初めての感情そのものだったんだ。
それを灯火のように見たんだ)
 
何かに飢えてた小さい頃
見つけたやりたい事
見つめててくれた全部
So all we need is the most beautiful hands.
(俺達にはただその何よりも美しい手が必要なんだ)
 
[#Repeat 2]
When it’s dark outside, I go straight home
When it’s dark outside, I go…..
When it’s dark inside, I go….帰ろう
When it’s dark inside, we go…..
(外は暗くなってきたよ、帰ろう(その場所に))
(俺の中が暗くなってきたよ、帰ろう(その場所に))   
 
繋がれている絆見えますか?
くすみかけた目
記憶じゃなく感覚を辿ろう 
 
当たり前に側に居るeveryday
与えられる事に慣れ
削られてくタイムリミット
感じる目が汚れていく
 
Why are you not scared?
 
 [#Repeat 1]
 
歩き始めた頃
まだ見ぬ未来の為に
差し伸べ続けてくれた
So all we need is the most beautiful hands.
 
 [#Repeat 2]
 
着飾ったどんな服より
化かした顔より
綺麗な肌より
美しいものがある
 
水にまみれたシワの手
育ててくれた手
叱ってくれた手に
そうありったけの無償の愛を  
 
俺が貫く道でつまずいた時でも
あなたはいつも
“気にしないで進みなさい”と
俺の背中に労りを
俺の両手に温もりを
俺の未来に灯火をくれた
All we need is the most beautiful hands. 

■image
 
music: 1.G.K
words: KATSU
 
囚われた景色は
覗いた後に話しかける
俺は後何年ここから
この螺旋階段登るのか?
その行く先は太陽
じゃなくて月であって欲しい
儚い願いと知り今日も囚われる
 
[# Repeat]
I wanna soul that I have they say.
(周りが期待する自分でありたいんだ)
 
I want my soul that now makes me free.
(今、自分を自由にしてくれる心が欲しいんだ)
 
I wanna soul that I have they say.
(周りが期待する自分でありたいんだ)
 
I wanna throw everything away.
(何もかも捨ててしまいたい)
 
望まない景色は
何かを知らすためのサイン
人は人の記憶の中で
生きる 消える また生きる
話す言葉一つさえ
イメージとして刻まれる
それも自分で選んだ道と受け入れよう
 
[# Repeat]

■Moon Stone
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
Ah….
拭えぬ something bind me.
(何かが自分を縛る)
It’s always so close.
(いつもすぐ傍にある)
 
 [#Repeat 1]
Really,
what can we know?
(俺達は本当に何を知る事が出来るんだ?)
 
Somebody knows.
(誰かは知っている)  
 
Govern its note.
(自分の中の旋律を支配する)
 
The Sun’s at its north.
(太陽は落ちる)
 
Anybody knows.
(みんな知っている)
 
Dreadfully noble.
(恐ろしく崇高なもの)
 
Wrath can be norm.
(怒りさえも正常に)
 
So no way down,
no way down…..
(降りれない、もっと深く…)
When you weep in cuffs and I’ll be waiting.
 (感情に縛られ嘆いているとき、見つける事の出来ないもう1人の自分を待っている)
 
No way down…..
It’s just like the moon stone.
(それはまるで月の石のようだ)
 
虚ろう
琥珀の鼓動
 
Why do you want it?
I wanna be at my wits’ end.
I say, why do you want it?
It’s always so close.
(なぜ求めるのか?俺は正気を失うところまでいきたい。
それはいつもすぐ近くにある)
 
[#Repeat 2]
Breaking down this feel on my way.
(自分の中にあるこの感情を壊したいんだ)
What kinda gray do I see when pictures are moving?
(頭の景色が動いているとき俺は何にも属さない色を見ているんだ)
 
限られた life time
叫ぶ oneself
描いた
螺旋の空
悲しむ顔に怒りさえfused into
閉じてく 
So no way down,
no way down…..
When you weep in cuffs and I’ll be waiting. 
No way down…..
It’s just like the moon stone.
 
遮る
琥珀は深く
 
[#Repeat 2]
 
Breaking down this feel on my way.
What kinda gray do I see in my picture of the moon?
(頭の中の月に俺は何にも属さない色を見ているんだ)
 
 
[#Repeat 1]
 
So no way down,
no way down…..
When I weep in cuffs and I’ll be searching.
(感情に縛られ嘆いているとき俺は探し続けている)
 
No way down…..
It’s just like the moon stone.
 
拭えぬ something bind me.
It’s always so close.
 
限られた life time
叫ぶ oneself
描いた
螺旋の空
抗う道に怒り、笑み、fused into 
閉じてく
So no way down,
no way down…..
When you weep in cuffs and I’ll be waiting. 
No way down…..
It’s just like the moon stone.

■Walk alone
 
music: 1.G.K
words: KATSU
 
何気ない日々に隠れている
こんなに早くその日が来た
もし神がこの世界を見てるなら
恨んで言いたい事ばかり
連れ去る意図なんて知りたくねぇ
俺には何も伝わらない
何故かその日涙は出なくて
俺は冷たい人間なのか?
 
[#Repeat]
All alone
All alone
All I know
All night long and day….
All alone
All alone…
(一人きりだ…分かっている事は…一日中…一人きりだ.)
聞こえる
離れて
聞こえない
Come and say no.
 
I am not the same,
but I can feel your pain with you.
(私はあなたにはなれない。でもあなたの痛みを感じる事は出来る)
 
壊れた時計よ
動いて
Come and say no.
 
I am just like you.
Let me walk along with you.
(私はあなたと変わらない。あなたの痛みと一緒に歩かせてよ)
 
時が経ち受け入れた反動で
溢れ出すやり残した事
抱えてる沢山の悩みを
今、導いて欲しいと泣く
‘よく頑張ったな’と言ってくれた日
素直になれず見たサイドミラー
思えばそれが最後の声
懺悔と後悔が埋め尽くす
 
[#Repeat]

聞こえる
離れて
聞こえない
Come and say no.

I am not the same,
but I can feel your pain with you.
(私はあなたにはなれない。でもあなたの痛みを感じる事は出来る)

動いた時間は
止まらない
Come and say no.
 
I am just like you.
Let me walk along with you.
 
この詩を歌う見えない答えは
言えなかったサヨナラにしよう
もう神を恨む事も止めて
教えてくれた事を刻もう
あなたが今居るその場所は
手紙は届く世界ですか?
もしそうなら今伝えたい
あなたの子供で良かったと

■Stay Gold
 
music: 1.G.K
words: KATSU
 
There is nothing we can do. Which way do I have to go?
(私たちに出来ることは何もない。どっちに行けばいいの。)
Whatever will be will be.
(なるようになるんだわ)
Don’t be so hard on yourself. There’s nothing we can do.
(そんなに自分に厳しくしないで。私たちには何も出来ない。)
No matter what happens, we go…
(何が起こっても行くしかない)
 
時代に嫌われた私たちは
これから何処へ行くのか?
汚れた欲望が蔓延り
音楽達が迷ってる
 
[#Repeat]
I don’t think life is as bad as it seems,
but you never be able to stay gold forever.
(世の中そんなに悪いものではないと思うけど人はずっと輝き続ける事は出来ない。)
I think that I wanna believe whatever shed light on your ways will look beautiful for us.
(あなたの道を照らすものが何であれ、それが私たちにとって美しくあると信じたいと思う。)
So why feel terrible?
(だから気持ちを下げないで)
Got to find the thing keeps you going today.
(今日自分を進めて行く事を見つけなければならないのよ)
 
いつしか乗り込んだ舟は
思いがけない舵をとる
たとえ時代に背いたとしても
今日の自分は誇れるだろう
 
Open your eyes with your true feel. Don’t you get you cry to yourself.
(本当の気持ちを持って目を開けて。自分に泣くような自分になるな。)
You and I go into where we face with black and white but we got
to live in instability.
(私達は白も黒も入り混じる所に入り、不安定に生きなければならない。)
Just like everybody you see, we are the same.
(私たちはあなたの視界にいる人たちと何も変わらない。)
You wanna go ahead and
are gonna wait for me?
(先にいって待っていてくれる?)
And we thank our life, got to say it, got to say it loud. we always gotta..
(そして私達は声高に、人生に感謝していると言わなければならない。)
[#Repeat]

■ZERO
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
見てきたもの壊し始めた
Sometimes I lose my way. Now…
(時に俺は道に迷うんだ。)
得てきた誇りに惑わされて
Back to my zero, and going to my one step.
 (ゼロに戻り、自分の新しい一歩を踏み出すんだ)
刻んだもの疑いかけた
Sometimes I can’t view my way.
(時に自分の道が見えないんだ)
諦めの崖に立たされ見た
Starting point, and going to my one step.
(自分の出発点、そして新しい一歩を踏み出すんだ)

見て来たもの認め始めた
Sometimes I look back my way.
(時に自分の道を振り返るんだ)
築き上げた己確かめて
Drive to my zero, and going to your one step.
 (自分のゼロに行って新しい人生を踏み出すんだ)
突き上げた感情の中で
Sometimes I can’t view my way.
(時に自分の道が見えないんだ)
朽ち果てず叫ぶため閉ざした
Ending point, and going to your one step.
 (終着点、そして新たな一歩を踏み出すんだ)

 [#Repeat 1]
I came to believe myself.
I just keep looking up.
Now I can face my real
I decide to take a step.
(自分を信じ始めてただ見上げ続けるんだ。
今なら自分の現実と向き合える、
そして一歩踏み出す事を決めるんだ)
 
[#Repeat 2]
決めつけられた赤い部屋
笑い飛ばしてくれ
デタラメな迷路突き破って
Follow your heart
(心に従う)
もがいていこう
乗り遅れた横切る機関車
Breaking your rule
(ルールを破る)
叫び足掻こう
僕は僕に僕らしくあれ
This is my ground zero.
 (これが自分の原点なんだ)

I will try my best so that one day.
(俺はあの時の1日のようにベストを尽くすんだ)
I will be able to stand on my stage.
(俺は俺のステージに立てるようになるんだ)
I’m just like I was a long time ago.
(今の自分は昔の自分のようだ。)
I’m not alone, not alone oh…
 (1人じゃない、1人じゃないんだ)

偽りの仮面 弱いprideに
夢描いた虹は強く
溺れかけた水さえも
今は愛しく
 
[#Repeat 1]
 
[#Repeat 2]
 
見てきたもの壊し始めた
Sometimes I lose my way. Now…
(時に俺は道に迷うんだ。)
得てきた誇りに惑わされて
Back to my zero, and going to my one step.
(ゼロに戻り、自分の新しい一歩を踏み出すんだ)
刻んだもの疑いかけた
Sometimes I can’t view my way.
(時に自分の道が見えないんだ)

諦めの崖に立たされ見た
Starting point, and going to my one step.
Going to my one step….oh….
(自分の出発点、そして新しい一歩を踏み出すんだ)

■The Jacket
 
music: 1.G.K
words: KATSU ME
 
I find it funny…
(俺は面白いと思っている。)
You found it boring…
(お前はつまらないと思っている。)
 
 [# Repeat 1]
Tell me…
(言ってみろ。/教えてくれ。)
I finally got you say I got it.
(ついにお前に、俺は成功したと言わせた。)
 
Call me…
(名前を呼んでくれ。)
I finally got you make my day.
(ついに俺は、お前に俺を喜ばさせた。)
 
 [# Repeat 2]
Thinking about you in control, rolling, rolling.
(お前が支配していると思っているのか。)
Can’t hold it anymore, blurry boring.
(もう我慢できない、ぼやけてつまらない。)
Rocking down right in your face, going, roaring.
(お前の目の前でロックしてやる。吠えながら突き進む。)
How boring, yawning.
(なんてつまらない。あくびがでる。)
 
 [# Repeat 1]
 [# Repeat 2]

■Heaven’s crow
 
music: 1.G.K
words: KATSU
 
[# Repeat 1]
Heaven’s crow…
 
I’m in Rock and Music….
 
[# Repeat 2]
What can I do when sky falls down again just like what I say?
(俺は何が出来るのか?また世の中が壊れる時に)
 
What can I do when rain is dropping?
(俺は何が出来るのか?この世が泣いているときに)
 
Walking along something against your way.
(この世は矛盾に先導されているんだ)
 
[# Repeat 1]
 
I know you always knew what is true.
(私は気づいている、世界というものは何が正しいのか知っていた事を)
 
You know this gotta change.
(あなたは知っているでしょう、変わらなければいけない事を)
 
I know you always knew what is wrong.
(私は気づいている、世界というものは何が間違っているのか知っていた事を)
 
You know we need the truth.
(真実を打ち明けて欲しい)
 
[# Repeat 1]
 
[# Repeat 2]
 
隠された真実に
聞き飽きてる口実
汚された in this sky
I can’t fly high, Heaven’s crow.
 
閉ざされた真実に
遠ざかって行く事実
汚された in this sky
I can’t fly high Heaven’s crow.
 
I know you always knew what is true.
You know this gotta change.
You know we need…
You know we need the truth.
 
 [# Repeat 1]

■Dragon
 
music: 1.G.K
words: KATSU
                     
I been killin’ in my way, I ain’t gonna change.
(俺のやり方で貫いて来たんだ。俺は変わらない。)
 
Call me crazy
(なんとでも言ってくれ。)
 
[#Repeat 1]
Why are you gone, I want you to stay,
(何故行ってしまったんだ、ここにいてくれ。)
you know,
in front of Dragon…
(ドラゴンの前に。)
 
You’re thinkin’ that you seen the world n seen top.
(お前は世界を見て、頂点を見たと思っている。)
You’re thinkin’ that you can live the way you live.
(お前は自分の生きたいように生きられると思っている。)
But you’re thinkin’ that you ain’t worth a thing.
(だが、自分に何の価値もないと思っている。)
 
You’re thinkin’ that you seen the world n seen top.
(お前は世界を見て、頂点を見たと思っている。)
You’re thinkin’ that you can live the way you live.
(お前は自分の生きたいように生きられると思っている。)
My strong will and my weak heart.
(俺の強い意志と、弱い心。)
Let it out….
(さらけ出せ。)
 [#Repeat 1]
 
忘れられないone day
刻んだ友たちが問いかける
お前は弱い
お前は脆い
お前は受け入れられるのか?
目の前に現れたその姿に
俺は苦しみ泣いて
受け継いだ血が流れる
この家紋の重きを知り
笑った
[#Repeat 1]
 
I know you, that you hear me.
(お前は俺の声を聞いていることを知っている。)
I know you, that you feel me.
(お前は俺を感じていることを知っている。)
I know you, that you see me.
(お前は俺を見ていることを知っている。)
I know you, that you real.
(お前はリアルだと知っている。)
In front of Dragon…..
(ドラゴンの前で。)
You are my soul.
(お前は俺の魂だ。)
I won’t fall…
(俺は倒れない。)

PAGE TOP